未来を創る話をしよう

「0=∞=1」が基軸になる21世紀教育革命への挑戦

イベント

道なき道を切り開いてきた北海道の開拓の涙・団結の魂

何もないところから新しいものを作ること それは、無から有を生み出す奇跡でもあり、同時に過酷な道でもあります。 特に今の北海道は大自然溢れる農業の産地でも知られますが、 その背景には明治以降に北海道開拓を進めてきた過去の偉人の血と汗と涙が隠れて…

北海道の目覚めが日本の目覚め!8/27(土)は札幌へGO!!

2016年に再始動したJAPAN MISSION PROJECT全国リレー公演も 5/29(日)に大阪 6/18(土)に東京 7/25(月・祝)に福岡 いずれも600人近くの方にご参加いただき大成功を収めました。 そして、次は8/27(土)北の大地北海道! 日本に4本の柱を立たせるイメージで、力強…

21世紀の侍たちが集結した福岡JAPAN MISSION PROJECT

2016年JAPAN MISSION PROJECTを福岡の地で開催しました。 大阪、東京に続き、第三の柱が福岡に建った日。 600人近くの人が全国各地から集結し、懇親会にも300人近くの人が参加。 2050年 国家・民族・宗教・人種の境界線を越えたOneWorldの実現 2020年 スポー…

JAPAN MISSION PROJECT!3本目の柱が福岡に立つ!

「ワクワクなこともなき世をワクワクに」 NRグループが主催する2016年に再始動したJapanMissionProjcetも 5/29(日)大阪 6/28(土)東京 に引き続き7/18(月・祝)に福岡での開催です。 テクノロジーの進化に伴い、 人間の尊厳、人間の雇用、人間のアイデンティテ…

文化芸術に国境は関係ない

今日は、NPO法人PBSL主催のTPP〜Together for Peace Power〜のイベント2日目。 文化庁からも後援をいただいた貴重なイベントでした。 www.pbls.or.jp 第一部は、日本の古典芸能。「能楽」の魅力を凝縮した舞台。 第二部は、いまや -Together for Peace Power…

日本が中心勝負をかける「場」とは?

6/18(土)はJMP(Japan Mission Project)とTPP(Together for Peace Power)のコラボイベントでした。 私はまたスタッフとして運営側に携わらせていただきましたが、大成功のイベントとなりました。 JMPに関しては、5/29に引き続き東京開催。 TPPに関しては、15…

週末はTogether for Peace Power 2日間!

いよいよ今週末に迫りましたNPO法人PBLS主催のTogether for Peace Power。 今年は15周年の記念イベントとなります。 www.pbls.or.jp 2016年グランドテーマは『戦争のパラダイムを終わりにさせる平和のパラダイム』。 18日(土)はNRグループの会長でもあるNohJ…

JAPAN MISSION PROJECT 〜人工知能を超える〜

JAPAN MISSION PROJECTのご紹介です。 グーグルCEOラリー・ペイジ氏は「20年後、あなたが望もうが、望むまいが現在の仕事のほとんどが機械によって代行される」と提唱しています。人工知能が人間の能力を超える“シンギュラリティ”が叫ばれる中、ロボットの進…

西洋文明の限界を補う東洋文明の底力

昨日参加したこちらのイベント。 異端児を生み出す本物の異端児2人の熱い講演会とトークライブは、老若男女世代を超えて300人近くの人が集まり大盛況でした。 幕末、新時代・明治創建の起点となった吉田松陰の松下村塾と、「経営の神様」故・松下幸之助氏の…

【リマインド】異端児を生み出す本物の異端児2人が語る未来文明とは!?6/4(土)トークライブ

【リマインド】 今日は、 6/4(土)のイベントをご紹介。 異端児を生み出す異端児2人の白熱した3時間半のトークライブ。 激動の時代において、わたしたちはどんな未来を創造していく必要があるでしょうか? ロボットや人工知能が加速度的に進化していく中で、…

5.29 JAPAN MISSION PROJECT 第8弾 in 大阪

本日、大阪で開催したJAPAN MISSION PROJECT 第8弾濃厚であっという間の3時間でした。内容の理解までは短時間ではできないまでも、文明の流れからくる新しい未来の方向性と新しい日本の役割については確実に共有されたのではないかなと感じています。科学技…

ロボット革命はもう始まっている。アメリカで広がる「最低賃金時給15ドル」の動き。

アメリカで広がる「最低賃金時給15ドル」という動き。 この動きが、大手ファーストフードチェーン店でのロボット導入によるオートメーション化を加速させるというニュースです。 wired.jp すでにロボット技術が完成しているならば、あとはどう市場に出てきて…

日本の可能性が爆発する日まであと7日!JapanMissionProject再始動!!

みなさんは今の時代をどのように捉えていますか? また、今までの時代をどのように捉え、次の時代をどのように捉えているでしょうか? 私なりにざっくりですが考えを整理してみます。 あくまで一つの観点の整理として広い心で受け取ってください。 今までの…

人に寄り添うロボットとロボットに負けない人間の仕事

「人間とロボットが融合した社会の実現」 これは、これから必ず向き合っていかなければならないテーマの一つです。 みなさんもすでにご存知かと思いますが、 長崎県ではロボットが全て接客してくれるという「変なホテル」が人気を集めていたり、 ソフトバン…

6/18(土)6/19(日)は日韓融合イベント ~人の心は国家を簡単に超える~

人間一人一人、誰もが持っている考えの基準点。 海の中で自由に泳ぐお魚をそれぞれ人間に例えると、 お母さんという海、家族という海で育つ子供というお魚一匹。 お魚一匹の考えの基準点は、必ず海の影響を受けるものです。 もっとマクロに考えれば、お母さ…

6月4日(土)時代を主導する二人の異端児は今の時代と未来をどう見ているのか?

人類歴史を振り返った時、歴史・文明を変化させてきたのはいったい何でしょう。 それは紛れもない”人間自身”です。 そして、人間自身を変化させてきたのはいった何でしょうか。 それは”教育”です。 16世紀まで地球が固定で天が動くという天動説が当たり前だ…

新しい国家ブランド「Made in Japan」から「Heart of Japan」へ 

今や世界のブランドとなっている「Made in Japan」 独特の器用さや繊細さを持った巧みな技術は、和の心を持った日本人だからこそ成せる技なのかもしれません。 しかし、今の時代を見るとロボットや機械による大量生産や効率化が叫ばれ中国の台頭などもあり …

『9次元からきた男』レポート。最先端科学が解き明かしている宇宙の実体と「万物の理論」

日本科学未来館で4月20日に公開された「9次元からきた男」を見てきました。 科学が今解き明かしている最先端の宇宙の姿を表現しているわけですが、 イメージできない世界・認識できない世界をイメージ化させるのはすごい映像技術だなと終始感心していました…

HITOTSU学公開講座「太平洋の両雄 日米160年史の未来」

今日は、5月から全3回シリーズで開催される NPO法人PBLS主催のHITOTSU学公開講座のご案内。 ちなみにPBLSを言葉的に表現すると ・Peace(平和) ・Business(仕事) ・Life(生活) ・School(学び) これらがそれぞれ分離するのではなく、融合した本物の和…

全世界をリードしていく日本発の”基軸産業”

日米の関係は砂時計のようなものです。 アメリカを上部構造と置いたら日本は下部構造。 3S政策(Screen、Sport、Sex)によって 日本の本来の和心やわびさびの精神性が失われつつある昨今の若者達。 戦後70年を過ぎた今、世界チャンピオンであるアメリカに対…

第3回日韓交流フェスティバル「NURITSYO(ヌリッショ)」1日目

第3回日韓交流フェスティバル「NURISYO(ヌリッショ)」の1日目です。 「NURISYO(ヌリッショ)」という言葉自体に込められた意味。 それは、 韓国語で”享受する”という意味を持つ「ヌリラ」という言葉と 日本語の「一緒に」を掛け合わせた造語です。 ”共…

『おもしろきこともなき世をおもしろく』5月29日大阪へいざ出陣!

5月29日(日)大阪でのイベントを皮切りに人類未踏の挑戦が加速していきます。 皆さんは今という時代をどうとらえますか? 見方によっては、 心の問題、環境問題、鬱・自殺の問題、エネルギー問題、福祉問題、年金問題、少子高齢化問題、日韓問題、など あらゆ…

IT産業以降の全てを底上げする“基軸産業”が日本文明から始まる![NohJesu特別講座]

農業革命、産業革命、金融革命、IT革命 人間は様々な道具の発見と発明によって、人類歴史を前進させてきました。 しかし、環境問題・雇用問題・少子高齢化問題・貧富の格差の問題・金融問題・エネルギー問題・食料問題・鬱の問題・自殺率増加の問題・年金問…

観点を変化・上昇させる認識技術の価値

今日はトークライブイベントにスタッフという形で携わらせていただきました。 peatix.com みなさんは、「幸せ」と聞いてどんなイメージを持ちますか? また、それを絵にするとどう表現するでしょうか? 「幸せ」があれば当然「不幸」があります。 でもこの「…

スポンサーリンク