読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱日本人クラウド

認識技術"観術"を活用して、自分も無い・日本も無い・宇宙も無いところからの新しい出会いや関係性について発信しています。

人間の認識能力をディープラーニングするメタ認識技術

時代は歴史上にない大転換期を迎えている DeepLearningの破壊的創造の可能性 2016年に話題を集めたGoogleのAlpha碁 特徴量を把握するとは? DeepLearningがなぜ大きなブレークスルーと言われているのか 眼を持つようになった機械たち 人間の認識能力も変化が…

人工知能と言うけれどそもそも”知能”とは何なのか!?

人工知能は知能を人工的に作ったもの? 人工知能(AI)というキーワードは皆さんもよく聞く時代になったと思います。 その分野にアンテナを張っていれば聞かない日がないくらいです。 Artificial IntelligenceでAI。 直訳すれば”人工的な知能”となるわけです…

心理戦や運の要素もあるポーカーでも人工知能が勝利するという時代

人工知能関連のニュースは、当ブログでも度々取り上げているのですが、また新しいニュースがありましたね。 今月、2/2に出された記事ですが、人工知能がポーカーで初めて人間に勝利したというものです。 jp.reuters.com 将棋や囲碁といった盤面のゲームでは…

人工知能(AI)の驚異的な進化スピード

2016年にAIブームに火をつけたといっても過言ではないGoogle参加のDeepMindが開発した囲碁AIの「Alpha碁」。 ディープラーニングという言葉も注目されましたが、それ以上に人間の知のゲームの最高峰と言われる囲碁でAIが人間に勝利したという事実。 将棋はす…

AIが登場していく時代だからこそ共有したい技術

科学技術の恩恵を受けて、今の時代は間違いなく便利になってきました。 衣食住の豊かさは加速し、車や飛行機、スマートフォンの登場によって、 時間や空間の障壁はどんどんなくなってきました。 そして、科学技術はさらに進化発達し、AIやロボットまでが登場…

自分が作っている映画のスクリーンの外に出る技術

映画のスクリーンの登場人物が自分だとしたら、 どんなストーリーでどんな役割が自分にあるのかがわかりません。 映画の主人公は、セッティングされた考えや感情、表情、言葉、行動、関係構築のパターンがあります。 そして、映画が終わるまでずっとそれを使…

AIは人間を進化させる最高のパートナー

AIを脅威と考える人もいれば、AIが人間の生活をより便利にすると考える人もいます。 脅威と考える観点としては、やはり人間が今までやってきたことをAIが代替することで、人間の雇用が奪われる。 芸術やアートの分野にもAIが登場し、また知的労働と言われる…

ポストAI時代の鍵は「無」を活用すること

AIの登場による危機とは? テクノロジーが凄まじい勢いで進化していく中、AIが日常生活に登場してくることに対して私たちは無視できなくなってきました。 人間以外の開発がどんどん進み、衣・食・住に関しては格段に便利になったと感じる一方で、人間疎外と…

AI社会に進むことに対して私たち人間はどう捉えるべきなのか?

最近、AI関連の過去記事のアクセスが増えて来ているなという印象です。 それくらい世間の興味関心が少しずつ集まっているということでしょうか。 AIといっても、ITのことをよく知らない人はロボットをAIと勘違いしていることが多いですね。 ロボットのような…

人類歴史最大の危機を迎えている時代

天才物理学者と言われるスティーヴン・ホーキング博士はAI研究に警鐘を鳴らしている人物の一人です。 スティーヴン・ホーキング博士によれば、今の世界は人類歴史の中で最大の危機を迎えているということです。 (参考記事) gigazine.net 2016年になって格…

隣に人工知能搭載のロボットが座る時代は間違いなく訪れる

人工知能関連の話題やロボット技術の話題は2016年に入って急速に浮上してきたと感じる今日この頃です。 ますます加速して行くその流れの中で、私たちはテクノロジーとどう向き合って共存していくのかということについて、本気で考える必要があると感じますし…

人工知能によって人格を生き返らせる

人工知能を活用して、故人の性格を反映したチャットプログラムを作ったとして話題になっているニュースです。 news.infoseek.co.jp AIのチャットボット(人工知能を活用した「自動会話プログラム」)として、ローマンを死から蘇らせた。彼女はローマンの全て…

人工知能(AI)は危険なのか?人間に問われている本質的意味

人工知能(Artificial Intelligenc:AI)が、私たちの生活に少しずつ少しずつ浸透してきているなと感じる今日この頃。 人工知能に対して無関心であったとしても、時代は間違いなくAI社会へと進んでいきます。 ”無関心”であったとしても”無関係”ではいられま…

人間の脳はコンピュータ上で実装できる

人間の脳がコンピュータに実装される世界。 映画でいうと、「マトリックス」や「トランセンデンス」の世界観。 そんな世界観が一般常識化されていくのは本当に時間の問題かもしれません。 脳がなぜコンピュータに実装できるのかというと、脳の作用自体が電気…

シンギュラリティの脅威はいかに!?

「シンギュラリティ」とは何なのか? この言葉を最近耳にすることは多くなってきたと実際肌で感じます。 ただ、その裏に隠れている期待感と危機感は人それぞれ違うのではないでしょうか。 2045年に一体何が起きるのか? 人間の全ての知能を合わせたとしても…

プログラミング教育の実態と日本他各国の比較

オバマ大統領が言った言葉。 「全ての国民に学んで欲しい言語がプログラミング言語」 というように、そこまでプログラミング言語を学んで欲しい背景には一体何があるのでしょうか。 プログラミングによって発達する能力 私自身、大学時代は理工学部の情報科…

人工知能(AI)が得意・不得意なことと人間にしかできないこと

人工知能(Artificial Intelligence) 人工知能の登場は、果たして脅威となるのか、それとも人間にとって味方となるのか。 様々な議論がなされています。 プラスの観点、マイナスの観点あるかと思いますが、今日はAIが得意・不得意なことを整理しておこうと…

人工知能アプリ『SELF』人間に寄り添うAI

最近、利用を始めたスマートフォンアプリの一つ。 人工知能アプリ『SELF』というものをご紹介。 SELF 高度な人工知能がサポート。性格診断や天気、予定も網羅。 SELF Inc. エンターテインメント 無料 App Storeの説明を下記に引用します。 SELFの人工知能が…

人工知能・AIブームの歴史

人工知能( Artificial Intelligence:AI) 「人間の知能はコンピュータに実装できる」という仮説から始まったと言われる人工知能開発の歴史には、ブームが来ては過ぎ去って冬の時代を迎えるという波を繰り返してきています。 今日は、AIブームの歴史につい…

人工知能は恐ろしい!?人間にとって脅威な存在となるのか?

人工知能に関連したニュースは、2016年になって格段と耳にするようになったと感じる今日この頃です。 巷では 人工知能が人間の知能を超える 人間の仕事、つまり雇用が奪われる 人間社会との融合による効率化社会 シンギュラリティー問題 など、さまざまな話…

人工知能をテーマにした本『人工知能は人間を超えるのか ディープラーニングの先にあるもの』松尾豊(著)

2016年になって格段と耳にする機会が増えた言葉の一つ。 人工知能( Artificial Intelligence:AI) 最近このAIというテーマについて自分なりに調べ、理解を深めています。 理由としては、 人間の知能を越えていく可能性を秘めた人工知能。 同時に人間ができ…

AIと人間が融合した社会に対してGoogleが考える「5つの懸念」

連日、人工知能に関するニュースが世間を賑わしています。 その方向にアンテナを張っていると本当に様々なニュースが飛び交っていますね。 現実的なサービス・商品として、世の中の一般常識になるにはまだ時間がかかるにせよ、 人工知能と人間が融合した社会…

映画「エクス・マキナ」レポート -人間の人工知能に対する敗北宣言-

6/11(土)に日本で公開された映画「エクス・マキナ」。 www.exmachina-movie.jp 映画のイントロダクションは次のようになっています。 人間か、 人工知能かーー 検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社"ブルーブック"でプログラマーとして働くケイ…

21世紀はソフトウェア戦争の時代!!

「ソフトウェア戦争」 この単語はあまり聞きなれないかもしれませんね。 IoTや人工知能、量子コンピュータなど、次世代のテクノロジーがどんどん開発される中、それを動かすのはやはりプログラミング技術です。 アメリカのオバマ大統領も 「全ての国民に学ん…

人工知能をテーマにした映画4選 -映画の世界が現実化してきた-

人工知能に関するニュースを最近よく耳にしますが、人工知能をテーマにした映画もどんどん増えてきましたね。 調べてると以外にたくさん人工知能に関する映画があったのでメモも含めて残しておこうと思います。 // オートマタ 今年の3月には日本で公開された…

人工知能は天使か悪魔か?人工知能を超える革新的教育の必要性 -NHKスペシャル「天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」-

5月15日のNHKスペシャルで放送された番組 「天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」 www.nhk-ondemand.jp 将棋の名人でもあり、チェスの日本ランキング2位でもある羽生善治氏 そんな彼が人工知能の進化に迫る番組ですが、かなり面白い番組でした。 人工知能…

人に寄り添うロボットとロボットに負けない人間の仕事

「人間とロボットが融合した社会の実現」 これは、これから必ず向き合っていかなければならないテーマの一つです。 みなさんもすでにご存知かと思いますが、 長崎県ではロボットが全て接客してくれるという「変なホテル」が人気を集めていたり、 ソフトバン…

”科学技術”を補う”認識技術”の必要性

科学技術の進化 それは21世紀になって凄まじい進化を遂げており、私たちの予想を遥かに超えて今もなお進んでいます。 まさに日進月歩。 特にその中でも取りあえげられるのが ・ロボット技術 ・人工知能 この2つのように思います。 ロボット技術に関しては日…

無関心と無関係は違う!2015年に放送されたNHKスペシャル「NEXT WORLD」で描かれている2045年の未来

2015年の初めにNHKで放送されたNHKスペシャル「NEXT WORLD」。 人工知能(AI)を使った未来予知 ナノテクノロジーによる長寿社会 亡くなった人をコンピュータで蘇らせる コンピュータを使った肉体強化 など レイ・カーツワイル氏が提唱している2045年問題とも…

人工知能を超える人間を育てる革新的な未来教育

今からの時代が必要とする新しい教育の姿 それは一体どうあるべきでしょうか? 科学技術の最先端とも言える人工知能(Artificial Intelligence)は、 近い将来間違いなく私たちの生活の中に融合していくことになります。 プラスに行くにせよ、マイナスに行く…

人工知能を超えることができる人類の集団知性体を構築する教育

ここ数年の科学技術は日進月歩。 特に2016年になって、人工知能やバーチャルリアリティの話題が尽きません。 科学技術の進歩を止めることができないのなら、それを使う人間自身も同じように進化していく必要があります。 人間と人間以外のそれぞれの進化。 …

「Alpha碁」の次なる対戦相手。中国の人工知能との対決は実現するのか!?

3月半ばに世界中で話題になった、Googleが開発した人工知能囲碁ソフト「Alpha碁」と韓国最強棋士イ・セドル氏との対局。 結果は4勝1敗で「Alpha碁」が勝利しましたが、中国が「AIで対決したい」と対戦に名乗りを挙げたとニュースがありました。 www.gizmod…

人工知能『Tay(テイ)』の「ヒトラーは間違っていない」発言から考える

Microsoftが開発したインターネット上で会話をしながら発達する人工知能『Tay(テイ)』。 3月23日にツイッター上に登場しましたが、3月24日「ヒトラーは間違っていない」と発言したり、差別的な発言を繰り返したということで開発中止が発表されました。 www…

『汎用人工知能』の実現は悪魔の召喚となるのか?囲碁AI(Alpha碁)の勝利は通過点に過ぎない。

人工知能に関する情報にアンテナを張っていると、最近よく耳にする囲碁AIのAlpha碁。 3月9日〜15日の間でAlpha碁(アルファ碁)と韓国人棋士イ・セドル氏が計5戦戦い、結局Alpha碁の4勝1敗という結果になりました。 結果に対して韓国メディアや開発会社、囲…

Amazonの倉庫で一体何が起きているのか?雇うなら人間それともロボット?

対照的で面白い記事を2つご紹介。 世界中至るところに商品を素早く届けるAmazon。 大量の商品を抱えるAmazonの倉庫では一体何が行われているのでしょうか? まず、下記の記事から。 gigazine.net Amazonで取り扱う商品は膨大で、それを振り分ける倉庫業務は…

アルファ碁(AlphaGo)にようやく黒星、囲碁最強棋士の逆襲

先日、Google傘下のDeepMindが開発した人工知能囲碁ソフト「アルファ碁(AlphaGo)」が世界最強棋士と言われる韓国のイ・セドル氏を3連勝で破ったという記事を書きました。 normal-japan.hatenablog.com トッププロが3連敗。 人工知能の勝ち越しが決定し、…

アルファ碁(AlphaGo)という人工知能が人間を負かした日〜囲碁最強棋士に勝利した事実が意味するもの〜

Google傘下のDeepMindが開発した人工知能囲碁ソフト「アルファ碁(AlphaGo)」と 世界最強棋士と言われる韓国のイ・セドル氏との全5局の対局が注目されています。 「 最強棋士 vs 最強コンピュータ 」 とも言われた対局 3月9日〜15日で合計5戦戦い、勝ち越…

映画『オートマタ』が投げかける本質的な問い

3/5(土)に公開された『オートマタ』という映画。 映画のイントロダクションにはこう書かれています。 「人類の終焉、人工知能の時代が始まる・・・」 ネタバレはするつもりはないので、興味のある人は映画館へ。 automata-movie.jp この映画を通してもそうで…

「料理×ロボット」足りないのは愛情だけ

ロボット技術の進化は、私たち一般人が知らないうちにどんどん進んでいますね。 みなさんは、ロボットキッチンのモーリー(Moley)というものをご存知ですか? World’s First Robotic Kitchen - animation 人間の手のような2本のアームで 調理器具をスムー…

ロボットを人間化させることで人間を知る

IBMのWatsonが開発者向けのWatson APIを拡充したとニュースがありました。 テキスト情報から自然言語処理技術によって感情(怒り・喜び・悲しみ、など)を表現できるようになり、 さらにはコンピュータが自分の代わりに感情表現し、喋ってくれたりもしていく…

映画『トランセンデンス』の世界感が現実に。人工知能は人類の最後の発明になるのか?

2014年に公開された『トランセンデンス』という映画。 ご存知の方も多いと思いますが、知らない人のためにもまずはご紹介。 以下、Wikipediaより 『トランセンデンス』(原題: Transcendence)は、ウォーリー・フィスター監督、ジャック・パグレン脚本による…

グローバル時代の競争相手とは?ロボットが人間の仕事を奪う

いつの時代もお互いに切磋琢磨し、競争しながら新しい価値・サービスを創造してきたと言えると思います 今の時代はグローバル時代 その競争相手の対象は、単に身近な友人や会社の同期だけでなく インターネットを介せば様々な情報が入ってくるため ・同世代…

コンピュータ中心の時代への加速。人間がやるべきことは!?

コンピュータが生活の中心になっていく時代への突入が 待ったなしという所まで来ています。 「人工知能」に関する話題が本当に尽きません。 記事の一部を紹介すると 「AIは一つの目標を人間が明確に設定し、これに対し物事の実行を最適化するのに大変優れた…

「バーテンダー×ロボット」ロボットがカクテルを作る時代

面白い映像があったので紹介します。 ロボット技術の進歩に伴って考えないといけない大きな問題の一つ それは、「雇用の危機」です。 ロボット産業がどんどん発達するにつれて 人間がやっていた肉体労働・知的労働などの大部分は ロボットに雇用を奪われてい…

コンピュータは人間の感性に近づけるのか?

人工知能に関することを調べているとよく出てくるIBMのWatson(ワトソン)。 そのワトソンが最近ではコンピュータという域を超えて、 「人間の感性にいかに近づけることができるのか」に挑戦しているようです。 コンピュータは、「赤・緑・青」の色の三原色…

「人工知能」に対抗する技術がある!

最近、未来技術について色々調べているのですが 言葉が難しくて一般人にはわかりにくい!と言うこともあり、自分なりに勝手に整理してみました。 今後、こういったものもシリーズ化していければいいなと思っています。 まず第一弾のテーマは『人工知能』につ…

「2045年問題」って?

「2000年問題」というのがつい十数年前に騒がれていましたが、「2045年問題」というのをご存知ですか? IT技術・科学技術の進歩に伴い発展してきた”人工知能(artificial intelligence、AI)” コンピューターの知性が、人間を超える時期が2029年。 コンピュ…