未来を創る話をしよう

人工知能には絶対真似できない領域の技術化・商品化・職業化・産業化を今の時代に提案しています。

映画『トランセンデンス』の世界感が現実に。人工知能は人類の最後の発明になるのか?

 2014年に公開された『トランセンデンス』という映画。

 

ご存知の方も多いと思いますが、知らない人のためにもまずはご紹介。

 

以下、Wikipediaより

トランセンデンス』(原題: Transcendence)は、ウォーリー・フィスター監督、ジャック・パグレン脚本による2014年イギリス中国アメリカ合衆国で製作されたSF映画サスペンス映画である。人工知能と化した科学者の姿を通して、過度に高度化した科学技術がもたらす危機を描いている。タイトルのTranscendenceは、日本語で「超越」を意味する。

 

他、ストーリーの詳細などは下記をご覧ください

トランセンデンス - Wikipedia

 

 

科学技術が進歩して人工知能の開発が益々進む中

人間とテクノロジーはどう融合していくのか本当に考えさせられる映画ですね

 

自我を持つ人工知能(AI)がインターネットに繋がった時

私たちの生活や他者・他物との関係性は一体どうなっていくのでしょう。

個人を超えた全体が繋がった世界とはどんな世界のイメージになりそうですか?

 

果たして人工知能人類最後の発明となるのでしょうか?

  

西暦何年になるかわかりませんが、いずれそんな問題がはっきり世の中に認知される

タイミングが来るでしょう。

 

 

「万物の謎」を解き明かすこと。

・意識とは何か?

・存在とは何か?

 

それらの答えとなる究極のFinalAnswerが

今、科学者たちの最も欲しがっているものかもしれませんね。

 

 

wired.jp

 

f:id:normal-japan:20160225160433j:plain

スポンサーリンク