未来を創る話をしよう

人工知能には絶対真似できない領域の技術化・商品化・職業化・産業化を今の時代に提案しています。

瞬間学習によって映画「マトリックス」の世界感が現実になる時代

皆さんは「マトリックス」の映画をご存知ですか?

 

映画のシーンの中で、主人公がモーフィアスと戦うシーンがありますね。

そのシーンでは格闘スキルをプログラムによって書き込むことで、主人公がその通りに能力UPするというもの。

 

そんな事が実際に現実化されるような時代になってきました。

 

下記に紹介する記事の中の言葉を引用すると

「電極を装備したヘッドキャップを通じて脳刺激を受けた被験者は、飛行技術が改善された」

ということ。

 

そして、

「脳刺激プロトコルの最適化、個人化、および適応に関する理解が深まるにつれ、この技術を訓練や教育の場で定型的に利用できるようになることがわかった」

とも言われています。

 

確かに人間の脳は電気信号をデジタル情報として処理しているため、

その因果の通り情報データを脳にInputさせれば理論上は可能になるでしょう。

 

ただ、それが現実化していった時に人間が蓄積してきた経験という概念をどう理解していけばいいのでしょうか?

自分だけのオリジナルの経験が人にもコピーできるようになる。

そんな時代が来るかもしれません。

 

また、このような技術が単にプラスの要素として使われるなら良いですが、

一方で人間が人間を扱うというようなことにもなりません。

 

実際に使う人間の倫理観や道徳感が問われてくると思いますが、

果たして今後どんな社会になっていくのでしょう。

 

  

jp.techcrunch.com

 

karapaia.livedoor.biz

 

www.cnn.co.jp

 

 

f:id:normal-japan:20160310090949j:plain

 

スポンサーリンク