未来を創る話をしよう

人工知能には絶対真似できない領域の技術化・商品化・職業化・産業化を今の時代に提案しています。

『無知を恐れるな、偽りの知を恐れよ』 フランス哲学者ブレーズ・パスカルの言葉

フランスの哲学者であるブレーズ・パスカルの言葉。

 

その中でも印象に残ったものをご紹介。

 

『無知を恐れるな、偽りの知を恐れよ』

 

 

「偽りの知」

 

これだけ情報過多になりインターネットで全てが繋がった時代の中で

私たちの知っている世界、知っている情報、知識があるということ

 

その「知」というものにどれだけの意味・価値があるのでしょうか?

 

さらにコンピュータや人工知能も日進月歩の今の時代

情報の処理スピードや記憶という領域に関しては勝負できないのは明らかです

 

だからこそ

 

「無知」

 

何も知らなくていいというわけではなく 

わからないということに恐れない

 

もっと本質的に言うなれば

決めつけることができない

無限の可能性そのものを認識できること

 

 

自由自在な観点を持つことで

自分自身の器

クリエイティブ・創造性・主体性

が花開いていくと思います 

 

認識が世界を変える!! 

 

f:id:normal-japan:20160317174103j:plain

スポンサーリンク