未来を創る話をしよう

人工知能には絶対真似できない領域の技術化・商品化・職業化・産業化を今の時代に提案しています。

どうせなら時代の異端児でありたい

韓国2日目。

 

認識技術"観術"の最先端エッセンスを受け取る韓国で開催されている2日間のセミナーには、約300名近くの日本人が参加しておりそれはもう圧巻の一言です。

 

 

今の時代の当たり前は、いずれ当たり前ではなくなる時代になります。

 

天が動くという天動説が当たり前だった時代から地球が動くという地動説が当たり前になった時代のように。

有線の電話が当たり前だった時代から無線の電話が当たり前になったように。

一家に一台のパソコンが当たり前だった時代から一人に一台のパソコンが当たり前になったように。

 

時代は刻々と、また着実に進化・変化していきます。

 

 

ロボットや人工知能が一般生活に浸透していった時、記憶や処理速度、また精密さなどは必ず人間は負ける領域です。

であるならば、これから人間が知るべきこと、やるべきこと、希望するべきこととは一体何でしょう。

 

 

今の時代はもうすぐ終わり、また次の時代がすぐそこに来ています。

 

どうせなら、今の時代の当然を覆し、新しい当たり前を創る

そんな時代の革命を起こす異端児でありたいと思いませんか?

 

 

normal-japan.hatenablog.com

 

f:id:normal-japan:20160331222852j:plain

スポンサーリンク