未来を創る話をしよう

人工知能には絶対真似できない領域の技術化・商品化・職業化・産業化を今の時代に提案しています。

オバマ米大統領が広島訪問する意味とは?「核兵器なき世界」の実現に向けての一歩

オバマ米大統領の広島訪問が確定したというニュース。

 

安部総理のコメントからも、このニュースが歴史的な一ページとして刻まれることになるのは間違いないと思います。

 

オバマ大統領が、実際に被爆地に足を運ぶ。それは、アメリカ大統領にとっては大きな決意だったと思う。そして、唯一の戦争被爆国の首相である私と共に、世界で唯一、核兵器を使用した国の指導者が、共に犠牲者に対して哀悼の誠をささげる。このことが、まさに被爆の犠牲となった方々、そして、今も苦しむ人々の思いに応えるものだと、私は信じている」

 

 

核兵器なき世界の実現へ大きな一歩になることを願います。

 

歴史上の様々な事件について、過去からの延長では互いの主義主張から未だに解決されない問題は多々あります。

日韓関係の歴史認識の問題も同様ですね。

 

違いを前提にした上で国際法や裁判で判決するやり方ではなく、

この認識の違いを生み出す根本の問題にアプローチし、未来の融合から創る新しい道を共に創造していく必要があると思います。

 

改めて、本当の平和とはなんなのか?

平和という定義を世界共通で改めていくタイミングに来ているような気がしています。

 

以前、「究極の平和の原理」について綴った記事があるので、興味のある方はご覧ください。

 

normal-japan.hatenablog.com

 

 

(以下、参考記事です)

www3.nhk.or.jp

 

www.huffingtonpost.jp

  

f:id:normal-japan:20160424131017j:plain

スポンサーリンク