未来を創る話をしよう

人工知能には絶対真似できない領域の技術化・商品化・職業化・産業化を今の時代に提案しています。

「ソフトウェア戦争を勝ち抜く日本の"人づくり"戦略」HITOTSU学公開講座3回シリーズ

9月から月一回の3回シリーズで開催されるHITOTSU学公開講座

 

今回のテーマは「ソフトウェア戦争を勝ち抜く日本の"人づくり"戦略」です。

 

世界のIT市場を牽引しリードしているのは実質アメリカと中国の2台巨頭。

そこに対して日本はこれからどういった勝負をするべきでしょうか?

 

IoT社会、人工知能ナノテクノロジーバイオテクノロジーなど、

テクノロジーの進化は日進月歩です。

 

しかし、日本の戦略はどうしてもアメリカ、中国、また欧米を追従する形のような現在地の気がします。

 

同じ土俵で勝負するのではなく、

日本のオリジナル勝負は"教育"です!

 

なぜ教育なのか?

どんな教育なのか?

 

そんな全体像がわかる講座のシリーズになっているので、ぜひ興味のある方はご参加ください。

 

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

新しい認識方式を通して、新しい見方、出会い方を案内するHITOTSU学。

2016年9月より新シリーズが開始されます!

人工知能やロボット技術などが驚異的な速さで進歩し、私たちの生活に溶け込みつつある現在。

実は、その背景で全世界がソフトウェア戦争に突入していることはご存知でしょうか?

このような状況に対して、明確な方向性や戦略を持てないまま、米中に追従しているのが日本の現状です。

今こそ、日本から始まる独自の教育戦略が必要とされています。

本講座では、コンピューターのソフトウェアを学ぶレベルの教育ではなく、もっと深い水準の教育である“デジタル認識技術”と、日本の取るべき“教育×経済”戦略をお伝えします。

初めての方でも、安心してご受講いただける内容となっておりますので、ぜひ、お気軽にお越しください。

スタッフ一同、皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

※誹謗中傷及び法律に違反した投稿は、管理者権限で削除または除籍させて頂く事が有りますので、予めご了承ください。

・・・・・・・・・・・・
●全3回シリーズ担当
NR JAPAN㈱観術講師
NR JAPAN㈱KEB統括本部長
観術講師/金子純一氏
・・・・・・・・・・・・
※参加希望の方は〈hitotsugaku@pbls.or.jp〉まで、下記3点をご記入の上、ご予約をお願いします。
①参加希望日(例9月4日(日)参加希望)
②お名前
③メールアドレス
・・・・・・・・・・・・

◇開催日時:2016年9月4日(日)
 18:15開場 18:40〜21:30
◇場所:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 417号室

◇参加費:1000円
◇主催:NPO法人PBLS
◇協力・協賛:NR JAPAN(株)
◇お問い合わせ:hitotsugaku@pbls.or.jp
HITOTSU学公開講座HP
http://tokyo.hitotsu.info/

 

f:id:normal-japan:20160716171847j:plain

スポンサーリンク