未来を創る話をしよう

人工知能には絶対真似できない領域の技術化・商品化・職業化・産業化を今の時代に提案しています。

人間の脳はコンピュータ上で実装できる

人間の脳がコンピュータに実装される世界。

 

映画でいうと、「マトリックス」や「トランセンデンス」の世界観。

 

そんな世界観が一般常識化されていくのは本当に時間の問題かもしれません。

 

脳がなぜコンピュータに実装できるのかというと、脳の作用自体が電気回路のようなものだからです。

 

人間の脳は多数の神経細胞があって電気信号が行き来しています。

脳の神経細胞の中にシナプスという部分があり、電圧が一定以上になれば、神経伝達物質が放出され、それが次の神経細胞に伝わると電気信号が伝わるという仕組み。

 

脳はどう見ても電気回路なのです。

そして、コンピュータも電気回路を流れる信号によって計算されるわけで

人間の思考もある種計算によるものであれば、コンピュータに実装できないわけはないということになります。

 

(参考図書

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)

 

つまり、人間の全ての脳の活動、思考・認識・記憶・感情は全て電気信号としてコンピュータで実現できるということ。

 

人工知能の台頭によって、「認識→予測→実行→学習→フィードバック」といった一連のサイクルも人工知能が精度をあげて人間の仕事にどんどん入ってくるようになります。

そして、人間そのものをコンピュータに実装してしまう世界。

 

もう人間のアイデンティティや尊厳というものに対して、本気で考えないといけないというプレッシャーを時代が突き詰めてきているような気がします。

 

あなたは何のために生きているの?

どこから来たのか?

どこに向かっていくのか?

自分の命をどう燃やしていくのか?

 

時代の課題にしっかり向き合っていく必要があると思いませんか?

 

 (参考記事)

tabi-labo.com

normal-japan.hatenablog.com

 

 

f:id:normal-japan:20160716171847j:plain

スポンサーリンク