読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱日本人クラウド

認識技術"観術"を活用して、自分も無い・日本も無い・宇宙も無いところからの新しい出会いや関係性について発信しています。

AI時代にこそ必要な人づくり

〜人間をディープラーニングする認識技術〜

↓↓まず読んで欲しい記事はこちら↓↓

「言語の障壁」を突破することで外国人とのコミュニケーションが変わる

テクノロジー 問題意識

「言語」

 

人類が開発した言語。

日本語、英語、中国語、スペイン語、などあらゆる自然言語がありますし、

プログラミング言語と言われるC言語JAVA言語などといった言語もあります。

 

いずれも、疎通・交流する機能をもった言語は人間にとって非常に重要な道具です。

言語の開発があってこそ人類の進化発展があったと言っても過言ではりません。

 

その中でも人間が話す自然言語の「言語の障壁」というものは、テクノロジーの進化によってどんどん崩れ去ろうとしていきます。

 

そのテクノロジーが下記。

 

www.kickstarter.com

 

東京オリンピックに向けて、こういったテクノロジーが登場していくことはプラスの解析もできます。

しかし、もっと本質深く考えるならば、「言語の障壁」を突破したとしても次の障壁にアプローチしていかなければならないということ。

 

その障壁は「観点の障壁」

 

国家・民族の壁というのは、言語よりもっと奥深くのアイデンティティーに直結するものです。

また、考え・感情・イメージ・エネルギーレベルの疎通交流をどう創造していくのか?

 

人類はより深い本質レベルの交流を考える時代に突入しました。

さて、この問題について私たちはどう突破していく必要があるのでしょうか?

 

そのヒントは、「言語を包超するメタ言語」にあります。

 

今まで「言語の障壁」をテーマに記事を書かせていただきました。

こちらも合わせてご覧ください。

 

normal-japan.hatenablog.com

normal-japan.hatenablog.com

normal-japan.hatenablog.com

 

f:id:normal-japan:20160725184442j:plain