未来を創る話をしよう

人工知能には絶対真似できない領域の技術化・商品化・職業化・産業化を今の時代に提案しています。

「科学技術」と「認識技術」

技術というもの。

 

Wikipediaではこのように記載がありました。

技術(ぎじゅつ)とは、かなり多義的に用いられる言葉であり、
ものごとを取り扱ったり処理したりするときの方法や手段。および、それを行うわざ。ものごとをたくみに行うわざ。社会の各分野において、何らかの目的を達成するために用いられる手段・手法。

 

・ナノテクノロジー

・バイオテクノロジー

・インフォメーションテクノロジー

 

様々な技術(テクノロジー)がありますが、

その言葉は多様な意味を持っていたり、色んな分野で使われていたりします。

 

様々な技術がありますが、共通点を挙げるとしたらどんな共通点があるでしょうか?

 

いろんな整理ができると思いますが、ここではこのように整理しました。

・全て人間社会をより便利にさせようと開発してきたもであるということ。

・今ある技術はほとんど人間以外に利用するもので、人間そのものを変化させる技術ではないということ。

 

ナノテクノロジーは、人間そのものの思考や感情を変化させる技術ではありません。

(人間を構成する細胞などミクロの世界の研究ではあるものの、ここでは人間以外という枠組みにおいています。)

 

科学技術の進化発展

 

様々なテクノロジーは、総称して「科学技術」と表現することもできるかと思いますが、

イギリスの産業革命以降、この科学技術は加速度的に進化発展してきました。

 

「科学技術」の進化によって、人間社会はより便利に、より効率的に、より生産性を追求し、今の世の中を作ってきた歴史であるとも言えます。

 

しかし人間そのものの思考や、人間の幸福感や満足感を考えた時、それはどれだけこの人類歴史の中で変化してきているでしょうか?

 

特にインターネットの登場によって、あらゆる情報を手にいれることができるようになった現代。

個人主義の中での自由と競争も背景にあり、相対比較による個人の価値競争が激化し、

幸福感や満足感は低下しているような見方もできます。

 

また、ストレスやプレッシャーが終わりなく降りかかってくるので、生きる意味や自己価値の低下などを無意識深く感じている若者や大人も多いのではないでしょうか。

 

人間社会を幸せに、もっと便利に、もっとより良くしようとする手段として科学技術を進化させてきましたが、

実際「豊かさ」という点では比例して豊かになったとは言えないと思います。

 

確かに物質的なモノ・サービスの豊かさは時代の進化とともに満たされています。

しかし一方で、心の豊かさはどうでしょうか。

 

今、本当に必要なものは、心の豊かさを満足させる技術だと思います。

そのためには、人間以外を開発するテクノロジーでは絶対無理です。

何かを得ることによって感じる幸せ・満足感というのは相対的な世界のため、人間の本質深い欲求を満たすことではないということが言えます。

 

では、何をどのように変化するテクノロジーが必要なのでしょう?

 

人間そのものを変化させる認識技術(CognitiveTechnology)

 

私は、人間そのものをアイデンティティーレベルから変化・上昇させる認識を変化することができる技術が必要ではないかと考えています。

人間の基本活動の一番深いところにある「認識」の革命が必要です。 

 

・自分とは何なのか

・自分はどこから来てどこに向かうべきなのか

・自分は何のために生きているのか

 

本質深い問いと答えが必要です。

 

単なる思考レベルの話でもなく、「科学技術」そのものも補うことができる「認識技術」の開発。

 

「認識技術」は、今の時代に一番それ欲しいと言われるニーズであると確信しています。

 

(追記)

認識技術についてもっと内容を深めたい方は下記の記事もご覧になってみてください。

www.normal-japan.net

www.normal-japan.net

 

「 科学技術」と「認識技術」

 

今の状況をタイヤの両輪で例えるなら、「科学技術」だけがどんどん進化発展し、バランスが悪くなっています。

f:id:normal-japan:20161007202219p:plain

このまま走り続けるとどうなるでしょう。

 

常にずっと同じところをグルグルまわるだけです。

人間以外を開発してきた「科学技術」だけではなく、

人間そのものを開発する「認識技術」がバランスよく回ることで、

人類の走っていく方向性は、今までと全く違う方向へと力強くシフトチェンジしていくことができます。

 

個人・家族・組織・国

思想・哲学・宗教・科学

 

あらゆる問題や違いを解決するキーワードは「認識」です。

 

21世紀の基軸教育になるであろう「認識技術」の価値を是非、みなさんと共有し新しい時代を作っていきたいと思っています。

 

▶︎認識技術を歴史上初めて体系化した認識技術開発者NohJesuのオフィシャルホームページはこちら

www.noh-jesu.com

 

▶︎認識技術が何なのかはこちら


認識技術「観術」とは? 「KanjutsuTV(観術Total Vision)」とは!?

 

normal-japan.hatenablog.com

 

スポンサーリンク