読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱日本人クラウド

認識技術"観術"を活用して、自分も無い・日本も無い・宇宙も無いところからの新しい出会いや関係性について発信しています。

AI時代にこそ必要な人づくり

〜人間をディープラーニングする認識技術〜

↓↓まず読んで欲しい記事はこちら↓↓

スマホが進化しすぎて人間やばい!!

問題意識 自己変化

スマートフォンの進化が目まぐるしいですね。

 

スマートフォンというハードウェア一つにどんどん機能がプラスアルファされていく今の時代。

 

バブル崩壊の時に生まれた子供。

そして今の時代に生まれた子供。

 

それらを比較した特、

「いつでもどこでも簡単に世界中の情報にアクセスできる」いう点では

生まれた世代によって天と地の差がありそうですね。

 

私自身は、中学時代が世の中のモバイル革命の真っ只中でした。

周りの同級生たちがみんな卒業間近に携帯電話を持ち出し、みんなNECのN803iでi-mode。笑

 

元々理数系の分野が得意だったということもあり、自然とアプリ開発やインターネットに興味を持ったのを記憶しています。

結果的に大学では情報科学を選考し、今に至るというわけです。

 

スマートフォンの進化に裏付けられているもの

ハードウェアの側面

バッテリー性能、液晶、CPU、メモリなどこれらは進化を続けていますし、これからもどんどん進化していくでしょう。

より薄く、より軽く、より便利に。

ソフトウェアの側面

iOSやAndoroidのプラットフォームの上で今後もアプリも様々なものが開発されていくでしょう。

そして、いろんなサービスの連携やAIを活用したものもどんどん増えて行くことは間違いありません。

 

ハードウェア・ソフトウェアの両方の側面からIoTも加速し、データがビッグデータ化され続けて、さらにAIの登場によって・・・

さて、この数年でどんな未来になっていくのでしょう。

 

完全にスマホ依存。。。。 

 

超スマート社会の先にある未来

先日、「超スマート社会」をテーマに記事を書きましたが、人間は「もっと便利にもっと豊かにもっともっと・・・・」と欲求に支配される生き物でもあります。

 

www.normal-japan.net

 

人間と人間以外をわけたとき、スマートフォンはまさに人間以外の進化の道具の象徴でもありそうですが、

一方で人間そのものは全く変化をしていないと感じます。

 

数十年前と今の時代。

たしかに物質的な観点、物・サービスの豊かさという点では非常に豊かになりました。

 

しかし、その先に人間の無意識深い欲求が満たされているとは思いません。

科学技術の恩恵によって人間以外を開発してきた歴史でもありますが、どこかのタイミングで誰かから人間本来の幸せ・成功とは何なのかということを明確に規定し、

新しい人間本来の豊かさにシフトしていく必要があると考えています。

 

みなさんは、どんな豊かさがあれば人間が幸せ・成功に感じれると思いますか?

 

  

f:id:normal-japan:20160521110003j:plain