読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱日本人クラウド

人工知能には絶対真似できない領域の技術化・商品化・職業化・産業化を今の時代に提案しています。

「有る」と思っていたものは本当は「無い」!?

人間の5感覚で見える目の前のモノ・存在。

 

それら有の世界が全て本当に「有る」ものなのか?

全ての存在は「有る」ものではなく、「有る【様に】見えている」だけ。

 

認識技術を体系化したNohさん(ノさん)のメルマガの中で、このテーマのことが書かれていたので紹介させていただきます。

 

突然ですが、今、目の前に「有る」と決めつけているものが、「有る【様に】見えている」というのが真実ならば、いかがでしょうか。ほとんどの方は、そんなことは考えてもいないと思います。

 

解りやすい例として蛍光灯でイメージしてみてください。通常なら蛍光灯はスイッチを入れたら点灯し(ON)、スイッチを切れば消灯します(OFF)。ところが蛍光灯の寿命が短くなって力が弱くなってくると、チカチカと点灯消灯(ON/OFF)が人間の目に見えるようになります。

 

通常はものすごく激しいスピードでON/OFFしていて、私たちにはONの部分しか見えていないだけで、実際はOFFもあります。

 

つまり私たちが認識しているこの現実自体が、錯覚のもとで成り立っている、ということなのです。それに気づくには、まず自分の判断基準、観点を自覚することです。

 

とは言っても今までは見えないのが当たり前ですから、自分の判断基準に関心もないし、判断基準があると言えば、そうだねそんなのがあったね、という程度だと思います。それくらい、私たちはOFFを認識したことがないのです。

 

「無」を認識するためには、脳の認識の癖や錯覚の仕組みを超えていく必要がありますね。 

そして実は、科学が発達すればするほど、「有る」というのを証明できないことが逆に証明されるのをご存知ですか。

 

有るのが大前提の「有」のパラダイムから無いのが当たり前という「無」のパラダイムへ。

また、無いのであれば、無からそれら有の仕組みが

・どんな素材(of)

・どんな仕組み(by)

・どんな目的(for)

で成り立っているのか?

 

誰もが論理とイメージで理解できる教育コンテンツを体系化し、今までの常識とは真逆の常識を一般化させようとしているNRグループの勝負。

 

「自分と自分の宇宙は無い」というのが世界のグローバルスタンダードになるまで、その挑戦はずっと続いていきます。

 

全てを知ったところから新しい生き方、ライフスタイルを共に創っていきたいと思います。

 

 

www.normal-japan.net

 

www.normal-japan.net

 

f:id:normal-japan:20160304103323j:plain

スポンサーリンク