未来を創る話をしよう

人工知能には絶対真似できない領域の技術化・商品化・職業化・産業化を今の時代に提案しています。

真実の世界を伝達できる意味とは

「真実の世界」

 

それはどんな条件によっても変化しない永遠不変の世界

それは宇宙の外側(宇宙の向こう側)という概念を取り入れないと到達できない世界

それは存在は実在しないという無の境地の世界

それは過去の偉人たちが観た世界でもあるけれど伝達できなかった世界

それは不立文字と言われるように言葉にできない世界

 

その「真実の世界」が認識技術で共有でき、伝達できるようになっていることは、一体どれくらいの意味や価値があることなのでしょうか。

 

時代のニーズと一致して、これからもっともっとその意味や価値が深まっていくと確信しています。

 

21世紀悟りである認識技術を体系化したNohJesu氏は、こんな言葉を言いました。

 

『悟りはゴールではなくスタートである。』

 

誰もが論理とイメージを使って理解できるようになっていること

脳を納得させて理解100%で到達できるようになっていること

 

だからこそ、悟りを技術化・商品化・職業化・産業化していくことが可能です。

 

新しき時代のパラダイムを創るチャレンジがどんどん具現化していきます。

 

www.normal-japan.net

www.normal-japan.net

www.normal-japan.net

www.normal-japan.net

 

f:id:normal-japan:20161222174053j:plain

 

 

スポンサーリンク