未来を創る話をしよう

人工知能には絶対真似できない領域の技術化・商品化・職業化・産業化を今の時代に提案しています。

ロボットがスタッフとして働く「変なホテル」

長崎に「変なホテル」というのがあるのをご存知でしょうか。

 

公式ホームページのコンセンプトにはこのように記載されています。

 

「変なホテル」は先進技術を導入し、

ワクワクと心地よさを追求したロボットホテルです。

 

フロントでは多言語対応のロボットたちがチェックイン・チェックアウトの手続きを行い、

温かみを感じるロボットたちとの楽しいひとときに、心をくすぐられることでしょう。

「変」には「変化しつづける」という意思が込められ、目指すは、常識を超えた先にある、かつてない感動と快適性。

そんな「変なホテル」は「初めてロボットがスタッフとして働いたホテル」として、ギネスにも登録されました。

 

「変なホテル」へご宿泊の皆さまを、未体験のサプライズで一足先の未来へいざないます。

 

その変なホテルが、東京エリアにもオープンすると言うニュースです。

 

www.h-n-h.jp

 

実際、どこまで人手を介さずに運営されているのかは知りません。

ただ、近い将来テクノロジーがもっと進化して最新技術を取り入れた運営が色んなホテルで進んで行くでしょう。

 

警備ロボット

受付ロボット

配膳ロボット

料理ロボット

清掃ロボット

 

人に寄り添うロボットがどんどん私たちの生活に浸透してきます。

時代はあと数年で大きく変革していくでしょう。

その種はすでに完成していると思います。

 

 

www.normal-japan.net

www.normal-japan.net

 

スポンサーリンク