未来を創る話をしよう

人工知能には絶対真似できない領域の技術化・商品化・職業化・産業化を今の時代に提案しています。

人間は何のために生きているのか?What's the Answer?

「人間は何のために生きているのか?」

 

その質問に対して、これだという究極の答え=Answerを出せるのだろうか。

この長い人類歴史の中で明確で共通の答えというものが打ち出されていないというのは、そこに何か意味があるのだろうか。

 

一つの答えてとして整理するなら、

 

人間は「出会うために生きている」と表現できる。

 

人間は自分の人生という有限の年数の中で、多様な出会いを蓄積していくものです。

 

自分の五感覚を通した自分以外の世界との出会い。

父親や母親、家族との出会い。

友人、知人との出会い。

パートナーとの出会い。

学校や会社との出会い。

出来事や現象との出会い。

 

多様な出会いを通して、考えや感情、イメージを蓄積して自己を形成していきます。

出会いを通して自分という存在が何者なのかをはっきりさせていきます。

  

「出会い」

 

普段当たり前のように出会っている対象かもしれませんが、

 

どんな空間

どんな存在

どんな時間(期間)

どんな関係性

 

それぞれどんな出会い方をするのか。

これは自分自身を決定する大きな要素になります。

 

出会いというのは本当に重要なもの。

出会いの価値を通して、自分の生きる目的をはっきりさせていくものです。

 

出会いに対する印象が少しでも変化すれば嬉しいですね。

出会いの重要性の次は出会い方です。

 

それはいずれまた書いていきたいと思います。

 

 

www.normal-japan.net

www.normal-japan.net

www.normal-japan.net

www.normal-japan.net

www.normal-japan.net

www.normal-japan.net

 

f:id:normal-japan:20161205192032j:plain

 

スポンサーリンク