読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱日本人クラウド

認識技術"観術"を活用して、自分も無い・日本も無い・宇宙も無いところからの新しい出会いや関係性について発信しています。

AI時代にこそ必要な人づくり

〜人間をディープラーニングする認識技術〜

↓↓まず読んで欲しい記事はこちら↓↓

5次元が意味するもの〜高次元時空(宇宙の外)が当たり前の時代へ!〜

5次元という言葉が少しずつですが一般化してきたように感じる今日この頃です。

 

例えば、大ヒット上映中の映画「君の名は。」の挿入歌としても使われているRADWIMPSの「夢灯籠」の歌詞。

 

歌詞の一部を抜粋すると、

 

5次元にからかわれて それでも君をみるよ

また「はじめまして」の合図を 決めよう

君の名を 今追いかけるよ

 

 

とあります。

 

また、インターステラーの映画でも、主人公のクーパーがブラックホールから特異点を超えて異質な次元へ行きながら、愛する娘にメッセージを送り続けていた様子が描かれていました。

あの映画も5次元世界をイメージするには非常に面白い道具だと思います。

 

それ以外にも5次元ブラックホールの発見が今年になってニュースに取り上げられていたりもしましたね。

normal-japan.hatenablog.com

 

 

5次元が意味する世界

私たち人間が普段認識している世界というのは、空間3次元(縦x・横y・高さz)+1次元(時間t)の4次元世界です。

 

つまり、5次元という世界を認識することができません。 

4次元よりさらに高次元の5次元とは一体どういう世界でしょうか。

 

それは、

時間・空間・存在が無いところ。

時間・空間・存在を生み出す異質な次元。

 

もうすこし別の表現をするならば、目に見えない折りたたまれた異質な次元。

全てがエネルギー化された世界。

全てが繋がった世界。

とでも表現できるでしょう。

 

日本人は感覚的にこの領域をキャッチする認識センスが養われている民族でもあります。

それは、間の文化を持った日本ならではのこと。

 

この5次元という世界が、論理とイメージで誰でも客観的に認識再現できること。

また、教育として受け入れられるようになること。

 

それが可能になれば、全ての教育を底上げしながら今までとは全く次元の違う未来を創っていくことにも繋がる重要なキーワードになっていく道です。

 

少しずつ少しずつ、一般社会に受け入れられるようになった5次元。

一般常識化になる未来はもうすぐそこな気がします。

 

認識技術"観術"では、この5次元の世界を誰でもわかりやすく論理とイメージでお伝えしています。

是非興味のある方は、こちらの特設サイトをごらんください♪

special.nr-grp.net

 

 他、参考記事です。

normal-japan.hatenablog.com

normal-japan.hatenablog.com

normal-japan.hatenablog.com

 

f:id:normal-japan:20160929171415j:plain