読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱日本人クラウド

認識技術"観術"を活用して、自分も無い・日本も無い・宇宙も無いところからの新しい出会いや関係性について発信しています。

AI時代にこそ必要な人づくり

〜人間をディープラーニングする認識技術〜

↓↓まず読んで欲しい記事はこちら↓↓

AIと人間が融合した社会に対してGoogleが考える「5つの懸念」

人工知能 問題意識 記事

連日、人工知能に関するニュースが世間を賑わしています。

 

その方向にアンテナを張っていると本当に様々なニュースが飛び交っていますね。

 

現実的なサービス・商品として、世の中の一般常識になるにはまだ時間がかかるにせよ、

人工知能と人間が融合した社会は映画やSFの世界から現実のものになっていきます。

 

そんな中で見た「Googleが考える、未来のAI社会に対する「5つの懸念」」という記事。

 

wired.jp

 

記事の中では、来たるべき未来社会のために考える必要がある5つの懸念というものをまとめています。

 

1. 好ましくない副作用を避けること

2. 報奨機能のゲーム化を避けること

3. スケーラブルな監視能力をもたせること

4. 安全な移動を行わせること

5. 環境の変化に適切に対応させること

 

詳細は、記事の中を直接ご覧いただければと思いますが、

人間には見えない物事の関係性や因果を導くことに長けているディープラーニングだったり、自らが自己学習を繰り返すのが人工知能の特徴だと言えます。

 

であるならば、人工知能がどんな思考(処理)を働かせ、人間をどう思う(制御する)のか、人工知能と人間の関係をどう思う(制御)のかというのは

非常に重要な問題になってくるとおもいます。

 

記事の中では、さらに追加して挙げられる問題点として以下のテーマを取り上げています。

 

プライヴァシー

(医療データのような機密データに機械学習を適用する際に、プライヴァシーをどのように確保するか)

公平さ

機械学習が差別をしていないことをどのように担保するか)

安全性(悪意のある者が機械学習に対して行えることは何か)

乱用機械学習の誤用によって人々が攻撃や危害を受けるのをどのように防ぐか)

透明性(複雑な機械学習が行っていることをどのようにして理解するか)

政策機械学習が経済や社会にもたらす影響をどのように予測し、対処するか)

 

AIは2016年になって爆発的に一般人の耳に入ってくるキーワードになったような気がします。

シンギュラリティ問題など叫ばれていますが、人工知能と人間がどう融合するのか、今までは専門家だけが考えていたものから

私たち一般の人間もしっかり向き合って考えていく必要があると感じます。

 

 「AI技術は人類にとって多大な利益をもたらすと考えられるが、それと同時に、潜在的な問題やリスクを真剣に検討することも必要だ」

 

無関心であったとしても、無関係ではいられない。 

それが人工知能と人間の融合した社会だと思います。

 

 

 

normal-japan.hatenablog.com

normal-japan.hatenablog.com

normal-japan.hatenablog.com

normal-japan.hatenablog.com 

normal-japan.hatenablog.com

normal-japan.hatenablog.com

normal-japan.hatenablog.com

 

 

スポンサードリンク

 

f:id:normal-japan:20160222173657j:plain