未来を創る話をしよう

人工知能には絶対真似できない領域の技術化・商品化・職業化・産業化を今の時代に提案しています。

コミュニケーション能力を向上させる一番の方法

人間関係を構築する上で絶対に避けられないもの。

 

それは「コミュニケーション」です。

 

でも一番大事なこの「コミュニケーション」というのが本当に難しい。

 

じゃあなぜ難しいのか・・・?

 

そこにどんな仕組みが隠されているのか?

 

コミュニケーションの裏に隠れている仕組み

コミュニケーションの裏には、一人一人の「判断基準」が隠されています。

 

例えば私は梅のおにぎりが好き。私はこんぶが好き。

身近なところではそんな判断のモノサシのようなもの。

 

ロジック・イメージ・思考・感情・表情・言葉・行動

 

全ての人間の活動の裏には、何かしらの「判断基準」が隠れている。

そして、その「判断基準」同士が出会っているとも言えます。

 

この判断基準が人間誰もがバラバラなので、些細なところで摩擦・衝突します。

結果的に誰かの判断基準に合わせたり、我慢したり、お金で統制したり、と判断基準そのものの問題を解決せずに、方法論で解決してきたのが今までの歴史でしょう。

 

人間関係の全ての問題の奥に隠された判断基準の問題は、本当に根深いです。

これが大きくなれば喧嘩、紛争、戦争になっていくことにもつながります。

 

自分の判断基準をゼロ化できるのか?

じゃあどうやって良好なコミュニケーションや創造性を取っていくのかというと、一人一人が自分の判断基準からゼロ化するしか道はありません。

 

お互いにゼロ化できるからこそ、aとbの意見が出会ってcという想像した意見にまとまっていくわけですし、

自分の判断に固定せず、ゼロ化できるということが本当に重要です。

 

歳を取れば取るほど、情報と出会えば出会うほどこの判断基準も硬くなって離れることができません。

 

自分の判断基準から一度ゼロになって、また同じ判断をするのもよし、全く違う判断をするのもよし、

再創造できる自由自在な心を自分の中でどうつくるのか。

 

それが大事になってくるわけですね。

 

これからは、自分の考えや判断基準から自由になる技術が一番ニーズのある技術になっていくと私は思っています。

 

 

www.normal-japan.net

www.normal-japan.net

www.normal-japan.net

www.normal-japan.net

 

f:id:normal-japan:20161031103819j:plain

 

スポンサーリンク