読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱日本人クラウド

認識技術"観術"を活用して、自分も無い・日本も無い・宇宙も無いところからの新しい出会いや関係性について発信しています。

AI時代にこそ必要な人づくり

〜人間をディープラーニングする認識技術〜

↓↓まず読んで欲しい記事はこちら↓↓

【プロフィール紹介】My Life Story

プロフィール

当ブログの著者 太田啓之のプロフィール紹介です。

 f:id:normal-japan:20170117172359p:plain

太田啓之(Ota Hiroyuki)
1986年生まれ
大阪府大阪市出身東京在住
父親の影響もありお酒とスポーツ好き
常にアソビゴコロをモットーに生きています
好きな言葉は”人生は味方を増やすゲームだ”

 

<肩書き・資格など>
ITコンサルタント
認識コンサルタント
応用情報技術者
一般社団法人マインドームコーチ協会認定 マインドームコーチ

 

 

学生時代に直感的に感じたITの可能性 

大阪府大阪市に双子の兄として誕生。

常に相対比較の環境で育ちながらも、勉強・スポーツ・人間関係の大きな絶望にぶち当たることなく、日々淡々と人生を過ごしている中「ITの可能性」に出会いました。

 

きっかけは中学時代。情報化社会へシフトしつつある時代の真っ只中、一家にパソコン一台が当たり前になり、携帯が個人で持つのが当たり前になるような時代。

これから自分がどんなことに集中して行けばいいのかということを模索している中、自由自在に画面の中でプログラミングしてWebやアプリを構築でき、人と人が繋がるというITの可能性にワクワクしたのを今でも覚えています。

結果的に大学では関西学院大学 理工学部で情報科学を専攻して学びを深め、 卒業後は東京でシステムエンジニアとして就職しました。

 

f:id:normal-japan:20160903145939j:plain

 

社会人になって無意識に抱えていた問題意識

自分が活躍できる場所を期待して飛び込んだ社会というもの。

自分が働きたかった業界、会社で就職することができて入社時はやる気に満ち溢れていたにも関わらず、勤続年数を重ねるごとに人間関係の難しさ、社会変革の難しさ、資本主義の限界を痛感しました。そして何より人間一人一人の個性が発揮できない構造に根本的に矛盾を感じていくことになります。

 

とにかく目の前の仕事をこなすことで精一杯。休みの日は気の合う友人たちと交流すると言うマンネリしたサイクル。

 

・自分の人生の中で本当の”自由”というものが失われた感覚

・いつ終わりがくるかわからない引かれたレールの上をただ進み続ける感覚

・与えられた自由の中での自由を追い求める感覚

 

そんな感覚を持ちながら、何かわからない”何か”答えを探しているような社会人生活を過ごしていました。

一言で言えば、抜け落ちたピースが埋まらない。

f:id:normal-japan:20160410142044j:plain

 

「自分こんもんじゃないっ!!」

「自分の人生こんなもんじゃないっ!!」

 

その無意識から来る叫びの声はあったとしても、ただ何をどうすればいいかわからない。

この延長上に希望や明るい未来は無いなと諦めながらも答えや解決策がないので、ずっとそのレールを進み続けるしか無いと諦めていた時期が続きました。

 

f:id:normal-japan:20170117160710j:plain

 

 

全ての問題を根底から一掃した認識技術との出会い

2012年。私はNRグループが主催していたイベントに参加して認識技術"観術"に出会います。

認識技術との出会いを通して何が変化したのかというと、一言で伝えるなら、先ほどの欠けたピースが見事に揃ってぴったりハマってパズルが完成したわけです。

何かわからない”何か”に明確に答えが来たのです。

 

この世界や現実をどう見るのかという認識方式たった一つが180度変わっただけで、心の本質、人間の本質、存在の本質など、全ての仕組みが論理とイメージで明確に整理が起きたのです。

そして、それが単に自分だけの問題解決ではなく、人間関係などの身近な問題から社会問題、歴史全てが繋がって変化を作っていけることに大きな希望と確信を覚えたのを今でもはっきりと覚えています。

 

自分の外に全ての原因があると思っていたけど、自分自身が生み出しているという原因の大反転。

今まで自分は絶対存在するという「有」のパラダイムの認識方式から、自分もない日本もない宇宙もないという「無」が基準点の認識方式への大反転。

 

計り知れないショックと同時に新しい人生へのNewStartの感動がありました。

生かされているという人生から主体的に生きるという選択ができるようになったことも大きな変化だと実感しています。

f:id:normal-japan:20160430155341j:plain

 

ブログタイトル「脱日本人クラウド」の由来 

人間は、見えない牢屋(クラウド)に掴まれているようなものと表現できます。

・自分の考えに掴まれ、自分に対するイメージに掴まれている牢屋

・家族や日本人など集団の思い込みに掴まれている牢屋

・脳の癖(認識機能)の限界に掴まれている牢屋

・強烈な存在固定に掴まれている牢屋

 

何重にも鍵がかかり、その牢屋の中にいることさえも気づいていない人間の現在地。

「自分と自分の宇宙が無い」という基準点になったとき、本当にこの仕組みがよく見えて来ます。

 

この牢屋の外に出て欲しい。

そんな想いを持ってつけたブログタイトルでもあります。

 

牢屋から出ることもできるし、自分で自ら条件をセッティングすることもできる。

私は、認識技術を通して、破壊と再創造が自由自在にできる真実を知る鍵であるマスターキーをお渡ししています。

ぜひ、このマスターキーを手にしたい方は、安心してご連絡くださいね。笑

 

キーワードはズバリ!

「認識」の大転換です。

認識が世界を変える!! 

f:id:normal-japan:20170117175838j:plain

 

今の主な活動内容

私は今、認識技術"観術"を一人でも多くの方に伝達するために、認識技術の各種セミナー、イベントの企画・運営、PR動画やWebページの作成などを行っています。

 

今まで人間が使ったことのない新しい概念・新しいイメージを伝達していくことは本当に難しいです。笑

 

しかし、間違いなく時代は「無」のパラダイムへシフトしつつあります。

それは科学技術によってもどんどん証明されてくる時代になりましたし、確信をもって言い切ることができます。

 

「自分と自分の宇宙が無い」が基準になること。

また、「無い」ところから「有る」ように見えるこの現実の仕組みを論理とイメージで誰もが理解できるようになること。

 

f:id:normal-japan:20160211211938j:plain

 

これを可能にする道具と技術が完成しているということは、天動説から地動説に認識のパラダイムが変化した以上の大反転が起きるということです。

 

今までの秩序を否定せず、逆に短所を補い合いながら全てを「底上げ」していく認識技術に是非、一人でも多くの方に出会って欲しいと心の底から願っていますし、自信を持ってお伝えできる内容になっています。

 

以下、私が携わっているプロジェクトの一部をご紹介させていただきますね。

特設サイトのご紹介

▶︎「無」を活用した人材がAI時代の先を牽引していくトップランナーになる!

・AI時代の本質的課題とは?

・AI時代の次の潮流とは?

・AIには絶対認識できない人間ならではの認識領域とは?

などわかりやすくまとめています。

※2016年12月に仲間たちと特設サイトを作成しました

 

NohJesu氏のオフィシャルブログのご紹介

▶︎Noh Jesuオフィシャルブログ(ノ・ジェス, 盧在洙)

認識技術を体系化した人物であり、NRグループの代表であるNohJesu氏。

私が編集部の一人を務めているNohJesuオフィシャルブログです。

※2017年1月にブログが公開されました

 

創りたい社会・未来

イギリスの産業革命以降、科学技術はどんどん進化し、衣食住を豊かにするだけでなく、車や飛行機、そしてスマートフォンまで開発するようになりました。

そして、さらには人工知能も飛躍的に進化をし続け、私たちの生活が劇的に変化を強いられるような時代のタイミングに来ています。

今までの文化文明の恩恵を受けているのは間違いありませんが、限界に来ているということも言えると思います。

 

だからこそ、私は教育とITが融合した新しいビジネスモデルを創っていきたい。

人間そのものを変化させるのはやはり教育です。

まずは認識技術を土台にした一人一人が無限の可能性で生きられるようになるための「教育革命」が必要ですね。

そして、世界に誇れるグローバルスタンダードの教育として、それを速いスピードで世界に広げていくためにITとの融合による2段階勝負。

 

また、単に既存のコンピュータのイメージでのITではなく、全ての存在に共通する「無」から「有」のたったHITOTSUの作動原理を使ったポストIT社会の新OS、IT2.0バージョンの開発。

これも本格的に進めていきたいなと思っているところです。

 

f:id:normal-japan:20160208015526j:plain

 

AIはどんなに進化してもプログラミングされたものから自由になれませんし、因果の中に止まっています。

人間も幼少期の経験や無意識にプログラミングされた結果体だと表現できるのですが、人間はAIと違ってプログラミングの外に出ることができるし、因果の外に出ることができます。

 

AIを誕生させた人間は、AIが到達できない新しい道具を利用していくのがポストAI社会というわけですね。

 

今まで誰もやったことのないチャレンジを進めながら、新しい未来社会を創っていきたいと日々感じながら、たくさんの出会いを通して確信を深めながら力強く歩んで生きたいと思いっています。

 

長くなりましたが、是非みなさんとの交流を楽しみにしています。

 

会ってお話できる方も絶賛募集中です♪

ご質問・ご相談など何ございましたら気軽にこちらまでご連絡ください。

 

f:id:normal-japan:20160412123208j:plain